スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金の切れ目は、縁の切れ目 

昨日の戦利品たちですが、
あとRIZのパンプスを2足買いました。

RIZは24.5で尚且つちょい幅広な私の足にピッタリー☆
決して安くはないけど、長く使えるから嬉しい♪





――――――


質問。

友達にお金を立て替えた時、「返して」って言えますか?



何か今日、そんな話をしてて…。

私は言いたいけど言えない。けど、その子の顔を見ると貸した金がチラつく(笑)
そしてその子が「○○買いたい」と言ってると、「まずすべきことがあるだろー」とムカつく(笑)(笑)
それともこの考えはケチの発想?


お金を立て替える(貸すこと)に抵抗はないんだけど、
どっちかと言えば、お金を立て替えた「後」のほうが気になる。

長い間、立て替えてもらったのなら、
「長い間ごめんね」の一言とか、チョコレート1つとか(笑)
すぐに返せなかったら「○○までには返すね」ってちゃんと分かってるアピールとか、
そういう気遣いが品格なのかなーと思うのだが。

そういうちょっとした気遣いが出来ると、安心して次もお金を立替えようと思うんだけどね。
でも実際、そういうのされた経験が少ない。

今回はお金のことだったけど、
物とか何にでも例えることが出来ると思うんだ。


縁切るとか、そこまでは考えないけど、
信用問題、自分の精神的問題として、借りたくないし貸したくない人が何人かいるんですよ。


…とまあ、書いたからには、自分も気をつけます。
拍手する

[2008/01/14 22:21] 日常 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。